春☆夏☆秋☆冬

Entries

Date : 2005年11月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチマダム。

  • 2005.11
  • 30

Edit263

今日はオペラを観に行った
フォーマルな装いとして、黒のドレスワンピにグリーンのジャケット。
それでは寒いので、ふぁふぁの白ストールを首に巻いた。
パソの講義に行くと、友達に突っ込まれたけどねw
オペラに1人で行くのに驚いてました。
オペラって普通1人じゃ観ないのかな

6時開場、6時半開演だったけど、3時間ほど早く行った。
ちょっと福岡の街をぶらぶらしたかったの
ウィンドーショッピングは、歩きっぱなしで疲れちゃった
しかもデパートの中で迷って、元来た道に戻れなくなるし

ひと息つこうと思って、入ったのがGerard Mulot
すっかり疲れてて、頭が沸いてたのか失敗してしまいました…
ほんとはホットチョコレートが飲みたかったの
でもケーキが目にとまって…
しかも、メニューを見ると、ケーキセットは-200円と書いてある
それで、木苺のスフレとバニラ風味のカフェオレを頼みました。
ケーキを美味しく頂き、コーヒーを啜りながら何気なく伝票をめくると…。

808円。

えっ…
ちょっと固まってしまったよ
だって、ケーキセットって320円じゃないの


そう、それは520円のケーキが-200円になるという意味でした。
コーヒーは正規の値段なの
ケーキ336円、コーヒー472円。
…はぁ、1人でお茶するのには高すぎるよね
すっかり味気なくなったコーヒーを、半ば無理やり飲み干しました
まぁ、今日はマダムでリッチな日だから、良しとしようw

会場に着いたら、おばさまたちでいっぱい。
あたしくらいの年齢の人なんて、数人しかいない。
ほとんどがおばさま、熟年夫婦、20代後半~30代前半の女性。
オーケストラが音合わせしてる中、少しドキドキしながら座った。
ライヴ、演劇は何度か観てるけど、オペラは初めて

今回の演目は「Otello」。
シェークスピアの悲劇「オセロ」を歌劇王ヴェルディが初演し大成功したそう。
以下パンフレットのあらすじから。

自分に復讐心を抱く2人の部下、イアーゴロデリーゴの罠にはまって
最愛の妻を殺し、更には自らの命も絶つことになる英雄オテロの悲劇。
オテロの廷臣カッシオの失脚を成功させた2人は、今度はオテロの妻
デズデモーナの不貞の噂を流す。その罠にはまり、完全に妻の貞淑を
疑ったオテロは、その夜、愛情と復讐の葛藤に苦しみながらも、妻を
殺してしまう。イアーゴの背信行為に気づいたオテロは、自らに剣を
刺し、デズデモーナに接吻しながら息絶えるのであった。

2階バルコニー席の舞台から1列5番目の席。
近くて、真下にオーケストラがある。
3階席まであり、前の仕切りが腰までもないため、落ちそう…
そう言えば、カナダでマンマ・ミーア観た時も、ありえんくらい急だったなぁ。

観た感想。

やっぱりすごいね。

お腹から声出てるから、マイクなしで響くこと響くこと。
ちょっと圧倒されて、呆然としてしまった。
頭がじんじんするような感じ。

全4幕で、1,2幕が終わって20分休憩、3幕が終わって20分休憩だった。
1回目の休憩の時、席を移ろうとした。
イタリア語だから縦型の電光掲示板に字幕が出るんだけど…。

死角で全然見えない

いや、ほんとに見えないのよ。
乗り出したり、角度変えたり、目を細めたりしたけど、見にくい。
画数の多い漢字とかだと全く見えなくて…。

ほんの少し移動したら、2列目からブーイングが来た。
「そこに座ったら見えないので、もっとずれてもらえないですか?」と。
そこでもう少しずれると、その後ろの女の人が物凄い顔で睨んでくる
仕方がないので、初めの席からほんのちょっと横に行くだけにした。

オテロ役はコスタディン・アンドレーエフという人。
ほんとに力強いテノールで、パワフルさに釘付け
1~4幕ほとんど歌いっぱなしなのに、全く喉がつぶれなかった。
演技も真に迫っており、まさに主役にふさわしい

デズデモーナ役は佐藤しのぶ。
かなり有名なので、名前は知っていたが、生で観たのは初めて。
発音も完璧だし、プロだなぁ~と思った。
あたしも一応イタリア歌曲してるけど、ここまでやる必要があるのねと。
最期は倒れて歌うんだけど、全然声が乱れない。
細い声からどんどん大きくしていくのも見事で…。
この人も演技力があり、見入ってしまった。

9時40分に終わったけど、頭の中でずっとビブラートが響いてる。
オペラはかなりビブラートがきついので、苦手な人は無理かもしれないけど。
あたしは結構大丈夫みたい。
いや~、ほんとに圧倒される舞台でした。

福岡から高速バスで帰ってる途中に電話
後でかけ直すと、驚くことが。

バイトの社員さんだったんだけど、結婚するらしい

それで2月に長崎で式を挙げるから、来ないかと誘ってくれたの
ぜひ行きたいけど、卒旅とかぶりそうだし、試験中だし断った。
あぁ~、ドレス姿見たかったなぁ
記念すべき、初結婚式出席になったのにね。
小さい時とか、高校の部活の顧問の先生が結婚したのを除いてだけど。
その人は笑顔がとっても素敵で、いつも気さくに接してくれた。
辞める時に、その人のアドだけは教えてもらったの。
あたしが個人的に好感を持ってただけで、バイト中ほとんど接点はなかった。
それなのに、大事な結婚式に招待しようとしてもらえて嬉しかった
人との縁って、やっぱり期間じゃないんだねぇ。
今度お祝いしてあげたいなぁ


ケミストリーがプロデュースしたというツリー
どこがケミストリーらしいか分からんけど、綺麗

20051130_1714_000.jpg

スポンサーサイト

アロマ。

  • 2005.11
  • 29

Edit262

今朝はすごく急な坂を車で上ってる夢みた。
ほんとに半端なく、40度位の角度だったなぁ~。
それとか知らない道を地図を頼りに運転してた

声楽の先生がかなり遅れてきた。
何でも車が正面衝突してて、かなり渋滞してたらしい。
しかもレッスンというより、ほとんど話で終わっちゃった
歌曲をする時間がなく、コンコーネでおしまい。

withを読んだ。
nonnoはもうずっと買ってない。
たまに学校の図書館で読むけど。
少し大人路線に服を変えようかなと思ってます

お風呂の電気を消し、キャンドルをつけて入っている
真っ暗なのは嫌だから、洗面所は明るくしてるけど。
ぼんやりした光の中、自己流に体を揉みほぐす。
タイ式なんて、自分じゃできないから
本読もうかと思ったけど、目が悪くて見えない
眼鏡すると曇っちゃうし。
結構長く入った後、キャンドルを消した。
キャンドルの匂いって誕生日のケーキを思い出す
何か好きな匂い

ラスト。

  • 2005.11
  • 28

Edit261

今日でバイトがラスト。
28で、早退することなく働いた。
休憩なしだったけど、そこまできついと思わなかったなぁ。
しばらく呼び込みしてないんだけど、今日もしなかった。
ずっと前陳や棚掃除やレジをしてた。
始めたのは5月23日だから、ちょうど半年だね。

本を読んでいる
乱歩賞作家 白の謎というやつ。
推理物は面白い

MD。

  • 2005.11
  • 27

Edit260

今日は何もしなかった。
ほんとに何をしてたのか思い出せないもの。
あ、MDのタイトル入れを相変わらずやってたw
結構残り少なくなってきて、ほくほくしております
分からないやつは、その歌手が好きな友達に聞いてみたりとか。
あと、鼻水がやたら出る。
風邪引いたかなぁ~

鉄棒と床の世界選手大会をやってた。
あんまり運動のことは分からないけど、すごいなぁ~。
鉄棒の選手とか握力すごそう…。

ネイティンの友達夫婦からメールの返信があった。
この間に引き続き、嬉しい

thunder。

  • 2005.11
  • 26

Edit259

今日は91。
早退なしは久しぶりかも。

サンマルクでコーヒーを飲んだ
チョコクロとやみつきバゲッドというのも。
それで本を読んだ
喫茶店で読書って何か素敵

夜すごい雷が鳴った
地響きするくらいすごいやつ。
あられもいっぱい降ってきたし。
何度か停電しかけたよ

世界選手大会で段違い平行棒と吊り輪をしてた。
吊り輪の選手のマッチョさに驚き
やっぱり静止する筋肉をよく使うからかなぁ。

国際電話。

  • 2005.11
  • 25

Edit258

今日はあたしにしては早寝だったのに、朝起き辛かった。
2、3限はAMISTADを観た。
三角貿易してる頃の黒人奴隷の話。
黒人が乗組員を殺し自由になろうとするけど、途中で捕まる。
それが何と、字幕なし。
英語にスペイン語、ポルトガル語、アフリカ語がごちゃまぜ。
ほとんど画像だけで理解してたよ…。
先生があんまりだと言うことで、途中から字幕のをかけてくれた。
休み時間にツタヤで借りてきたらしい。
結局初めの方の、黒人と乗組員が話してるのは全く分からなかった。

図書館で勉強してたものの、眠くなった。
30分ほど寝て、また起きたけど。
眠くなったら手が熱くなるから、水で洗ってきたらいいらしい。
帰る時もあくびの連発。


びっくりする人からお電話

何とネイティン

あたしは直接とってないから、声は聴けなかったけど。
あぁ~、話したいなぁ。
でもまぁ、連絡が取れてすっごく嬉しかった
帰国して2週間しか経ってないのに、ずいぶん前に思われる。

ひつじ。

  • 2005.11
  • 24

Edit257

今日は声楽だった。
乾燥してきたからか、喉がからからして声が出ない。
しかもこもってるらしい。
前の方がうまくのびのび歌えてたと言われた

ジンギスカンを食べに行った
前のバイトの先輩が店長として、最近店を出したの。
七輪の上に、鉄兜みたいな鉄板を置いて、ジュージュー。
豚の脂を定期的に塗りつけて、乾燥を防ぎ、焦げないようにする。
美味しかった~
レッグをお代わりしてしまった。
生ラムだったせいか、ちっともクセがなく、まだまだ食べられた
お野菜はほとんど食べず、肉ばかりでお腹を満たしてしまった…。
ピルスナーを飲み切れず困ってたら、さり気にお茶を出してくれたし。
やはり飲食業は細やかな気配りが大事ですね。

JJ clubに行った。
お腹いっぱいだったので、運動系はせず、ゲームばっかり。
エアーホッケーは大好きなので、かなり白熱


居酒屋でチーズフォンデュ鉄板っていうのを頼んだ。

なぜかバナナが入ってる

何で
バゲットが入ってるのは分かるけど。
でもほかほかで柔らかい変なバナナは、食べてみると結構いけた
バナナミルクを頼んだけど、梅酒にすれば良かったなぁ~。

ラメーン。

  • 2005.11
  • 23

Edit255

今日は福岡のアウトレットモールにお買い物に行った。
上着ばかり買ってたから、トップスが欲しかったの
11時に出発し、着いたのは1時過ぎだった。
父の事故もあり、運転する前は怖かったけど、普通に楽しかった
途中でラーメン屋の看板がラメーンとかなってて、かなり受けた

お昼はピザセットを頼んだ。
サラダ、コンソメスープ、クァトロフォルマッジョ、ティラミス。
それに牡蠣グラタンもプラス。
クァトロフォルマッジョは4つのチーズって言う意味。
ん~…、正直微妙
だって全然チーズ乗ってなくて、寧ろマルゲリータみたいだったもん。
トマトベースのクァトロとかありえん
ティラミスもまぁまぁ。
何だかちょっと古かったのか、脂っぽかった。
牡蠣グラタンは美味しかった
けど、牡蠣の殻1つ分が1人前だったのね…
小さすぎて物足りない
ピザとデザートは前のバイトのイタ飯屋の方が美味しかったなぁ。

その後ショッピング
とりあえず白のフリフリのトップスゲット
ボタンが付いてて、前開きのカーデとしても使えそう
次は黒のシフォン生地のキャミ。
キャミは色々持っていると便利なんだよねぇ
そして、今回の一番の収穫。
エンジのフリルスカート。
リボンを結んだり、中に入れたりして楽しめる
これがあたしの好きなL'EST LOSEのやつ。
高くて、普段あまり手が出るお店じゃないんだよねぇ
後でゆっくり見てみると、何と半額
他にも色々試着したけど、何だか合わなかった。
でも結構歩き回り、すごく充実した時間だった

たこ焼きを食べて一休み。
銀だこ大好き
高校の帰りによく買って食べたなぁ~。
http://www.gindaco.com

帰りは運転を代わってもらった。
やっぱり助手席は楽だねぇw
夜は目が悪いせいか、対向車のライトで前が見えなくなる
あたしはアクセルを離すのが遅いそうです。
気をつけないと、信号に気づかないことが結構ある

家に着いたのは8時半過ぎ。
少しぼぉっとして、デスパレートな妻たちを観た。
初めて観たけど面白い
来週も忘れてなかったら、観よう

可愛さのあまり買ってしまった。
でも、今日フライパンを洗ったらさっそく汚れた
その名もズビズバ。
訳分からんw

20051123_2253_000.jpg

朝の少女。

  • 2005.11
  • 22

Edit256

今日は起きたのが11時半だった。
寝不足だったのもすっきり、2日分寝たって感じ

バイトは28。
風が冷たくかなり寒い
でも呼び込みが1度だけだったから、助かった
昨日は1度もしなくて良かったし。
いつもの如く、5時であがりになった。
あと2日行ったらおしまいです。

母が夜から法事のため大阪へ行った。
父はジムに行ってから帰ってくるため、犬と2人きり
ずっとテレビ観てた
夜は3時半頃まで起きてたけど、何してたんだろw

高校の先輩にもらった本を読み返してみた。
朝の少女というやつ。
何だか可愛い本

bird cage。

  • 2005.11
  • 21

Edit254

今日は5時くらいまで眠れず、本を読んでいた
1時間ほどうとうとし、また6時半には起きちゃった
何だか冬の朝って厳しいイメージ。

バイトが9時半2時だったから、8時には起きた。
その頃になって、眠気が来るんだよねぇ~
何とか起きて行ったけれど。

苦手な社員と2人きりだった。
何とまぁ、神様は意地悪をするw
これもあと少しで終わると思うと、何だかすっきりだね。

ミスドのじゃがまるこアーモンドチョコ&プレーンを買った。
http://www.misterdonut.jp/info81/index2.html
この間も買ったけど、甘じょっぱい味が癖になる
レンジで10秒チンして食べると、更に美味
いい具合に温まり、外はカリカリ、中はふぁふぁ。

もう1冊読んでない本があるのに、図書館に行った。
色々物色してるだけで、気づいたら30分も経ってた。
結局手近にあった本に決めた。
本の虫になりませう

夜はUSENの歌番組を観た。
USENはバイトと結びつくから、あまり好きじゃないけど
だけどテレビで映像と音楽が結びつくと、やっぱりいいなぁと思った。

相変わらず、MDのタイトル入れは続いている。
これからは毎日3、4つずつにすることにした。
いつ終わるか分からないけどね
しっかり聴いてなかったMDに、すごくいい曲があったりする

例えば、MUSEの有名なアルバムabsolution
Time Is Running Outが好きで、それしか聴いてなかった。
でも、他にも素敵な曲を発見
Thougts Of A Dying Atheist
邦楽ではミスチルのbird cage
静かな曲調で始まり、途中から劇的に激しい曲に変わる。
いいなぁ~、ずっと頭でぐるぐる回ってる

JEANS FACTRY。

  • 2005.11
  • 20

Edit253

今日は文化祭を回ってる夢を見た。
しかも、クラスの出し物で歯医者さんをしているの。
あたしは「寝ている時に歯ぎしりをしてる」と言って、椅子に座った。
それでお医者さんに歯がちょっと内側に寄っていると言われた。
今考えると訳分からんけど、その時は妙に納得してしまった
あたし、確かに寝てる時に結構歯ぎしりするんだよねぇ。
聞いたことある人は、「歯がなくなるかと思った」とか言ってた
つまり、結構な力を入れてるんだろなぁ。

その後、未知の友達とタイプの男性について話し合った。
それがあたしと怖いくらいぴったりで面白かった。
別にタイプでもないのに、松田龍平も出てきた。
それに、すごい美男子がたくさん出てきたような気がする

一日中片づけをした。
部屋が服で散らかってて、何とも我慢できなくなったから。
ずっと暖房なしで、換気してたので寒かった~

いじめの時間を読んだ。
多数の著者の作品のが載ってる短編集。
リアルに想像できるようなグロい記述もあったし、暗い内容だった。
タイトル通り、全部がいじめに関する話なので、何だか疲れた

夜は友達の家で豆乳鍋
キムチは何度もやったことあるけど、豆乳もすっごく美味しかった
白菜、ミズナなど野菜をベースに、つみれ、鮭、はんぺん、豆腐など。
だしも飲めるんだよ

終モノを逃したので、急遽お泊り。
何も持ってきてなかったので、化粧水代わりにあるものを借りた。
ニベアボディ スキンミルク しっとり
すっごくもっちりしっとりして、ちょっと衝撃を受けた
初めは顔になんて塗れるのって思ったけど。
普通に裏面に「お顔にもお使いいただけます」と書いてあったしw
あたしがいつも使ってるのは、0を1つくっつけた位の値段なのに…。
やっぱり値段じゃなくて、自分の肌に合うものを付けなくちゃね。
早速買いに行こうとw

writing。

  • 2005.11
  • 19

Edit252

今日は夜更かししたのが祟って、朝起きるのが辛かった
冬になると、ベッドから出るのが億劫になる。

バイトは91。
土曜なのに暇なので、12時で帰っていいことになった。
嬉しいけど、何だか拍子抜け。
最近早退が多いなぁ~。

帰ってからお昼寝
あまりにも眠く、座ったまま眠ってたから。
ほんとに毛布って素敵

旅行日記を更新した。
ずっと仕上げなきゃと思ってたので、すっきり
ただ、1日に起こったことが多いため、すごい量になって骨が折れた部屋も片付けなきゃと思ってるけど、まず手近なものからだね。

夜はロールキャベツを食べた。
あたしが母の手料理で好きなものを挙げるとしたら、ベスト3に入る。
ほんっとに美味しい。
あたしにとってはどんな料亭のでも敵わない。
やはり母の味は落ち着く
これからどんどん教えてもらわなきゃ。

nursing。

  • 2005.11
  • 18

Edit246

今日は2,3限が休講だったので、朝はゆっくりだった。
もっとガンガン休んでくれていいのにぃ~w
朝からたくさん食べて、今日も元気

お気に入りのブーツを履いた。
ジーンズに合わせてブーツイン。
コツコツと響く音が小気味良く、いっぱい歩きたくなった

犬のお散歩。
小川を通るのだけど、せせらぎの音が気持ちいい。
こぽこぽと綺麗な水が流れてて、思わずすくってみた。
そのうち氷が張って、お魚も静かに眠るのだろうか。

シチューとポテトサラダ、ひじき煮を作った。
帰国後初のお料理です
もうちょっと凝ったものを、短時間で作れるようになろうと思った。

履歴書を書いた
もう書くことなんてないと思ってたんだけどなぁ。
写真はパスポート用のを使った。
12月はめっちゃ稼ぐぞぉ

冷や汗。

  • 2005.11
  • 17

Edit244

今日は何だかだるく、2度寝した。
声楽の時間が変わり、ぼぉっとテレビを観てた
どうしても高音になると、喉に力を入れて歌ってしまう。
そうすると伸びやかではなく、鋭く刺すような音になっちゃうのです
新しい曲浜辺の歌はあたしに合っていると言われた。

外は冷たい雨が降っていた
この所更に冷え込むようになった気がする。
皆さまも風邪にはご注意

ラーメンを食べた
大学の近くにあるけど、かなり美味しかった

父が事故に遭った。
気づいたら目の前のガードレールに突っ込んでたらしい。
ガードレールはぐしゃぐしゃにちぎれてたとか・・・
車はもちろん大破しており、廃車
道路を塞いでたけど、動かすこともできないほどだったらしい。
その時の意識はないようだけど、居眠りなのかな。
誰も轢いたりしなくて良かったとは言ってたけど。
ムチウチとか変な後遺症が出ませんように。

GIRL TALK。

  • 2005.11
  • 16

Edit242

今日は久々エクセルの授業だった。
先々週も先週もさぼっちゃった悪い子なのである。
色々なグラフを教えてもらって、大変ためになった

お昼は先輩とランチ。
スモークサーモンのサラダ、ガーリックトースト、
ほうれん草といかのパスタ、マロンケーキにオレンジジュースだったサービスでコーヒーも頂いたし。
先輩のドリアも美味しそうだった
色々お話して楽しかった
もっと教養を身につけなきゃだわ

ピアッサーを買った。
自分でばちんと開けるやつ。
穴をつぶしてからかなり経つから、何故今更って感じなんだけどね
以前は右1左2だったけど、今度は右1にしようと思う。
開けるのはまた気が向いた時に

吝嗇。

  • 2005.11
  • 15

Edit243

今日は4時前に寝たので、起きたのは正午過ぎだった。
バイトが28だったので慌てて用意
今日は楽しみにしてた給料日なのです
これのために辛くても頑張ってるんだから

思ったより多かった。
でもよく考えたら、先月入金したんだった。
がっかり

呼び込みを1時間半ほどした。
これももう少しだから我慢我慢
ただ、バイト先に辞めることが知れ渡ってるのにはうんざりした

暇だということで、8時あがりが6時になった。
こういう変更は大歓迎

ミスドで何か買って帰ろうかと思ったけどやめた。
明日からキャンペーンで安くなると書いてあったから。
こういうものはできるだけ我慢して買わないようにしなければ・・・

isolation。

  • 2005.11
  • 14

Edit245

今日はバイトが9時半2時だった。
特筆するようなことはなかった。

バイト後、友達と待ち合わせて卒旅の計画を練った。
あたしだけ食べてなかったので、PRONTOへ。
皆がマシュマロココアを頼む中、あたしは普通にご飯。
具だくさんのホワイトクリームスパゲティにした
具は確かに多かったけど、味が単調でちょっと飽きた。
ココアをもらったら、かなり美味しかったから、今度また頼もっと
一応タイに決まったようだけど、気を散らせてしまった。
何だか今日は家にいたい気分だったの。

夜は粕汁とコロッケ、春巻きだった。
粕汁は冬の料理だね。
やっぱり体がぽかぽかする
春巻きはタイで食べたぱりぱりさくさくを思い出し、懐かしくなった。

チェンマイで年に1度のお祭りがあったようである。
ロイガトーンと呼ばれる盛大なもの。
灯篭のような風船を一斉に空に飛ばすの。
ネイティンが是非見て行けと言ったけど、帰国しちゃった。
時間が合えば、絶対に見たかったのになぁ~
http://www2u.biglobe.ne.jp/~remimin/event.htm

木苺。

  • 2005.11
  • 13

Edit236

今日は朝起きると汗をかいてた。
まだ風邪気味なのかしら。。。

ジムから帰ってきた母とランチ
家の近くのframboiseというフランス料理屋さん。
フランス料理は見た目が美しくて、食べるのが楽しい
色んなものがちょこちょこ出てくるから、欲張りなあたしにあってるしw
あんまり大きな塊とか出されたら、飽きてしまう。
オードブルとパン、トマトのパスタにデザート。
パンはりんごのバターがついてて、美味しかった
デザートもバナナチョコレートケーキと手に乗るほどのブラマンジェ。
おもちゃみたいでほんとに可愛かった

その後、取り寄せを頼んでたブーツを取りに行った。
とっくに来てたけど、取りに行けなかったから。

そこで、バイト中の友達に遭遇

お互いかなりびっくりしたw

夜は焼肉だった。
牛肉がほんとに美味しく、ありえんくらい食べ過ぎてしまった
ちょっと胃がもたれてますw
もう若くないのかしら・・・


ミニチュアみたいに愛らしいオードブル
ミネストローネ、生ハムのサラダ、サーモンと里芋のテリーヌ。

20051113_1240_000.jpg

堪忍袋。

  • 2005.11
  • 12

Edit237

今日は久々バイトで9時1時だった。
朝までは思ってなかった。


バイトを辞めるとは。


あたしがレジに入ってる時にそれは起こった。
最後の客が追加するものを取ってくると言って、場を離れた。
会計は途中なので、他の客は受けられない。
すぐ戻ってくるだろうと思い、あたしは何もせずに待ってた。

その時、以前から感じの悪かった店員がすごく顔を歪めて言った。

「ぼぉ~っとしやがって。」


何と言われたのかよく分からず、フリーズしてたら、更にもう一言。

「何かすることないわけ?」

普通に「お客さんが商品取りに行ってるので。」と答えたけど。

多分これがきっかけだと思う。
きっかけなんてほんのささいなことでもいいんだよね。
それまでに積もり積もってるものがあれば。

とにかく、震えるほどの怒りが込み上げた。
ほんとにこれほどムカムカしたのは久しぶり。

言葉の乱暴さより、あたしをそんな風に見てたのが許せなかった。
「どうしたの?」っていう風に声をかけるのが普通じゃない??
状況も見ないで、初めから能無しだと決め付けた言い方。
ちゃんと仕事をしてるのに、理不尽な対応に何かがキレた。

仕事が終わり、少し考えた後、店長に電話した。
11月いっぱいで辞めることを伝えたの。
もっともらしい理由をつけたから、スムーズにいったけど。

あたしは考えるより体が先に動くタイプ。
じっくり考えているうちに、もどかしくなって行動を起こしてしまう。
それは良い結果を招くこともあるが、逆もある。
でも、今回は全く後悔してない。
むしろずっとずっと我慢してたから、すっきりした。


図書館に行ったら、休館になってた。
しかも12月中旬までらしい。
この前も改装してたのに、今度はどこを直そうというのかしら・・・。

大好きなキャラメルポップコーンを食べた。
映画館の横でよく売ってあるやつ。
普通、映画観ずにそれだけ買う人っていないよね

タイでお世話になった人にメールした
ネイティンと彼の友達。
友達には赤ちゃんがいて、毎日ブログが更新されてる。
ほんっとにいつ見ても可愛い
全部英語だけど、そのうちすらすら読めるようになればいいな。

cold。

  • 2005.11
  • 11

Edit238

今日はたっぷり寝た
久々学校です。
マジェスティックを観た。
まぁまぁ、まとまった話だった。
ただ、ラストは故人の面影を追ってるだけじゃないかと思ったけど。

講義中、鼻水が滝のように流れて大変だった
汚い話だけど、本当の水っ洟を経験した気がするw
そのうちに、頭もぼんやりしてくるし。。。
昨日薄着で寝たのがいけなかったんだろうなぁ~。
まぁ、タイで体調崩さなかったからいいやw

タイの日記を仕上げた。
小さなノートに書いてたんだけど、読み返すとかなり面白い
ブログにも順々にUPするので、お楽しみに

変身を読み終わった。
ラストは結構衝撃的だった。
内容も入りやすかったし。
東野圭吾の他の本も読んでみよっと
降りてみると、外の風は冷たい。
サンダル履きのあたし達はかなり浮いた存在だったでしょう。

入国して荷物検査の所に、黒いラブラドールがくる。
盲導犬かと思ったら、麻薬検査犬らしい。
麻薬検査犬って、訓練中に中毒になったりしないのかな
その後、銀行でバーツ、TCを日本円に換えた。
空港から家に帰る高速バスを探すが、いつものがない。
しょうがないから違うので帰り、モノレールに乗り換えることにした。
あたしはまたまたおやすみ
移動してる時は、ほぼ寝てるような旅だったなぁ。

家に帰ったら、犬がころころ転げまわって歓迎してくれた
まるで黒いモップがくるくる回っているようw
12時過ぎだったので、少し寝ようかと思ったけどやめた。
なんだか逆ハイみたいになって、全然眠くないの。
とりあえず洗濯物をして、片付けてたら、ゼミの時間になった。
帰国して、半日も経ってないのにちゃんとゼミに出るってえらくない
誰にも言ってなかったので、あたしは行方不明にされてたw
ゼミで会った友達から怒られました
誰かが発表してる間は、爆睡
先生にメールの返信が遅れたのを詫び、理由を言った。
そしたら「じゃぁ、今日はまだ眠いね」と言われた。
いつも眠いとは言えず…w

夜はカニだった。
茹でたのをカニフォークで頂きました。
まだタイの余韻が残ってて、ふわふわしてる。
明後日からバイトだというのにねぇ。
今までしたどんな旅行より心に残った
朝は早く起きたものの、2度寝してしまった
Mはお風呂でゆっくり読書してたみたい。
シャワーを浴び、8時頃下のカフェに朝食を食べに行く。
日本にもないんじゃないかと思われるほど、お洒落なカフェ
トーストと目玉焼き、フルーツ、コーヒーを頂きました
コーヒーがめっちゃ薄かった。

9時半にチェックアウトして、荷物を預けた。
snake farmに行くために、BTSと呼ばれるスカイトレインに乗った。
タイはあまりバリアフリーが進んでない。
階段が急で、1段1段が高いし、エスカレーターもあまりない。
エレベーターなんて、ホテルの中でしか見なかった。

10時半に着いてみると、早いせいかあまり人がいなかった。
マイナースポットかと思ったら、段々集まってきた。
日差しはとても強く、汗がどんどん流れる
英語で蛇に関するスライドショーがあったけど、全然分からなかった。
綺麗な英語で、訛ってるとかじゃなかったのでショック
この4年間何をしてきたんだろう。
もっともっと実用面を鍛えなければ…
途中で着ウタが鳴り、皆がくすくす笑った。

その後外で蛇のdemonstrationが始まった。
何気なく覗いてた塀の中から、蛇がどんどん持ち出されてくる。
しかもキング・コブラとかが普通に。
持ってるおじさんは指のない人、手に引きつった痕のある人など様々。しかも皆一様に自慢げだった。
喧嘩の傷は男の勲章ってな感じで。
おじさんは懲りずに、蛇をけしかけて鎌首をもたげさせている。
怒った蛇は、シャーッと投げ縄のように伸びて、びっくりした
色々な蛇がいたけど、最後に太長い、巨大蛇が登場
皆が首に巻きつけて、写真タイム
Mは意外に冷たくてしっとりした蛇肌が気に入ったらしい。
初めはぬめぬめと変な粘着性のもので覆われてると思ってたとか。
あたしも巻いてもらったけど、ダメだった
妙にずっしりしてるのに、くねくねしてさらさらして…。
固まって、鳥肌が立ってしまった

警備の人に道を教わり、ドゥシット動物園に行くことにした。
その前に、腹ごしらえにBig Cという所でお昼ご飯。
BTSに乗り、でっかい百貨店、伊勢丹などの前へ行く。
スロープエスカレーターがあったけど、逆にしんどかったw
だって、脚をふんばらなきゃいけないんだもの。
フードコートを見て回り、蟹炒飯とフォー、鮭ステーキを頼んだ。
食券を買い注文するが、混んでいて食べる席がない。
何とか見つけて座って食べた。

惣菜も買おうとしたけど、何だか血豆腐っぽかったのでやめた

そしてBTS、バスに乗りzooへ。
降りてから広い塀を半周くらいした。
やっと見えた入り口は何ともしょぼい
とりあえず水を買い、マサイ族のショーを観た。
アクロバティックショーと書いてあったが、それは後半のみ。
初めは3人が急に奇声を発したり、めちゃくちゃ飛び上がったり。
ただ圧倒されるだけで、全然何をしているのか分からなかった
後半は6人の男性がバク転しまくったり、リンボーダンスしたり。
まるで中国雑技団のようだった。

象やカンガルーなどを見ていると雨が降ってきた
バンコクは毎日夕方になると雨が降る。
一通り見て回り、屋内で蛇と亀も見た。
気づくと3時間ほど歩き回っており、帰りはバスにした。

一番前に乗ったら、運転手さんの所にびっくりするものが

リス

日本じゃ苦情が来るよね
でも、運転手さんは慣れた様子で、撫でたり餌をやったりしてた。
多分ズッキーニだと思うんだけど、むしゃむしゃと食べてて愛らしい

その後空港まで行くバスの時刻表を探しに行った。
昨日で懲りたので、もうタクシーは使わない方がいいと思ったの。
BTSのインフォメーションセンター、チケット売り場など行った。
でもあまり大した情報は得られなかった。

MBKというビル前に行くように言われた。
行ってみると、確かにバス停はあるが、時刻表はない。
警察署などかなりうろうろしたけど、全然有力な手がかりがない。

脚ががくがくしてきたので、とりあえずホテルに帰った。
そこでタクシーとバスの料金が変わらないことを聞き、唖然
どちらも1人100バーツらしいので手配してもらうことにした。

そのまま夕食へ出かけたが、2人ともくたくただった。
そう言えば、今日はBTSかバスに少し乗る以外は歩き通しだったもの。
最後は屋台で色々と好きなものを食べたいと思って、探し回る。
ありえんくらいくたくたになったけど、そこは執念。
でも、とうとう限界が来て、MBK内のピザ屋へ。
全然屋台街らしきものがない大都会でした。
Mはベーコンチーズピザを頼んでたけど、あたしは無理
サラダバーを頼んで、3回ほどおかわりした。
そうするうちに少し回復してホテルへ荷物を取りに戻った。

タクシーで空港に行く間は、軽く酔って眠った
これでタイで利用されている交通機関には全て乗ったことになる。
トゥクトゥク、列車、バス、タクシー、バイク、サムロー、チャリ、BTS。

あたしは空港であまりにも脚が痛く、フットマッサージをしてもらった。
ほんとはオイルが良かったけど、混んでてスタッフがいなかったの。
マッサージしてくれたのは、あたしより年下に見える女の子。
隣の子と話してたけど、くすくす笑う声がすごく可愛かった

終了後間違ったターミナルにいることに気づき、移動してチェックイン。
出国審査で前の韓国人の熟年夫婦がかなりいちゃついてたw
後ろの韓国人は押してくるし…。
でも、この時の事はあまり覚えてない。
ひよこのようにMの後をついて行ってただけだったから
空港税を払い(1人500バーツ)、荷物審査を受け、待合所へ。
外人が思い切り寝転んでて、道を塞いでて、邪魔だった
どんなに疲れてても、下品なのはいけないなぁと思いました
少なくとも、人に迷惑かけるなんて最低
黒い蛾が飛んでて、外人が珍しいのか必死にデジカメで撮ってた
シャトルバスになかなか人が集まらず、機内に入るまで随分待った。
バンコク1:00~福岡8:00。
軽食が出たけど、既に酔っていたので食べずに眠った。
4時間くらいうつうつしたかと思うと、朝食が出た。
オムレツとクロワッサン、ビーンズ。
朦朧としたまま着陸
今日はゆっくり起き、少しうろうろしてホテルのレストランで朝ご飯。
あたしはトーストとスクランブルエッグ、Mは焼きそば。
ヨーグルトと苺をシェイクしてるストロベリーラッシーを飲んだ

用意して、トゥクトゥクを探すも全く見当たらない。
日が痛いくらい差してて、どんどん焼けていく
タクシーを捜していると同じようにうろうろしてる2人組がいた。
韓国人かと思ったけど、日本人の男女。
昨日チャリを借りたおばちゃんの車で4人で駅に行く。
話を聞いてみると、何と3ヶ月も旅してるらしい。
何だか年齢不詳だった。
特に先の予定は決めず、2人で気ままに過ごしているようだ。
そういう生き方も素敵だなぁ~と思った

水を買うと、すぐ高速バスに乗りこんだ。
タイでは一応うがいする時もミネラルウォーターでしたw
生水にあたって苦しむより、ちょっとの用心で防ぐ方がいいからね。
あたしは例の如く、酔い止めがばっちり効いて、ぐぅぐぅ眠った

バンコクは雨だった
車掌さんにホアランボーン駅に行きたいと伝えるが、伝わらない。
ここで初めて旅の指差し会話帳登場
ほんとに単語を繋ぎ合わせて、必死の会話である。
メモに何か書いて渡してくれたけど、タイ語で全く読めない…
しばらく考えた末、乗ったらいいバスの番号だと分かった
バス停でも色んな人に教えてもらい、何とか着くことができた。

地下鉄駅のエスカレーターはかなり早かった。
他の場所でも結構早め。
ちょっと気後れしてしまうくらいの早さである。
小学校の休み時間、大縄跳びに入る時を思い出した。
ほんとにそんな感じ。

この間のベーコン巻きを食べようとしたけど、なくてホットドッグにした。
食堂で食券を買って、炒飯と汁麺を食べた。
どっちも美味しい~
デザートはざく切りのパイナップルを買った。

地下鉄でtokenを買うと、黒いプラスチックのコインみたいだった。
それでルンピニー駅に行き、今夜のゲストハウスを探した。
地下鉄はかなり綺麗で、ホームに落下防止用の自動ドアがある。
降りて、目星をつけていた所に行くと、しょぼい
何だか病院のようで、げっそりしてやめることにした。
すごく重い荷物をずっと背負ってたので、お互いかなり疲れてたけど。
道も狭くて汚く、カオサン通りを懐かしく思う。

そこで電話で予約することになった。
一番初めに買ったテレホンカードを使う時が来たの
でも、何故かかからない。
書いてある通りにしてるのに…。
しょうがないからコインを使い、何とか予約できた。

もう足が動かず、タクシーで行くことにした。
しかしここからが大変。

大渋滞に巻き込まれる。

30分くらい乗っていたけど、とうとう信号を渡れなかった。
赤信号が長いうえに、青信号が3秒位!!
こんなんだったら、1回に行けるのはせいぜい1、2台。
ほんの30cmくらい進むのを延々繰り返す。
運転手なんて舌打ちしてるし
しょうがないので、100バーツ払って途中で降りた。

降りたところはまさに新宿。
ほんっとに高いビル、圧倒されるほどの光である。
若者がたくさん行き交い、すごい活気なの。
とりあえずホテルに行くと、ドアを開けてくれた。
フロントはかなり綺麗で、スーツを着た女性がいる。
しかし部屋に行ってみると、意外にも普通。
珍しくバスタブはあったものの、電気は一部つかないし、薄暗いし…。
何だか殺風景だった。
safety boxはあったけど。

身軽になった後は、どこで夕食を食べるかを探した。
ファミレスみたいな所に入ると、MKというタイスキチェーン店だった
絶対タイスキは食べて帰ろうと約束してたのだ

だしは少し白濁した魚介ベースのものだった。
たれは真っ赤で辛い
豆腐、つみれ、つくね、野菜etcが小さな皿に入って出てくる。
思わずたくさん頼んでしまった。
熱くて辛かったけど、おいしかった~

それからタニヤ通りへ行った。
ここは日本人街みたいに、日本語の看板がいっぱい。
ちょっと古臭い飲み屋街に紛れ込んだかのようである。
パッポン通りという所でゲイバーに行こうと思ったの。
でも、甘かった。
ヌードショーなどの客引きがしつこく、かなりうんざりしてしまった。
松田聖子似のおかまのショーを見たかったのになぁ。
とうとうその店にはたどり着けなかった。
いつの間にか、飲み屋はなくなり、風俗街へ出てしまった。
大音量の店から、水着の女性がバーに絡み付いているのが見える。
何だか気分が悪くなって、真ん中にある屋台の集まりに逃げた

露店でCDを買った。
the BLACK EYED PEASのベスト盤。
前日テレビでやってた「My humps」という曲が偶然流れてたの
日本に帰ったら絶対買おうと思ってたから、すごく嬉しかった
「Where is the love」も聞いたことある曲だった
開けてみると、歌詞カードもないし何だか本物じゃない感じ。
でもいいの。
200バーツだったからw

歩き疲れて、ワッフルとコーヒーで一休み
熱々ワッフルはバニラアイスクリームが添えてあって、すっごく美味これに入ってるシナモンはすっごく好きw

帰ってから、久々にお風呂を溜めてゆっくり浸かった
やっぱり癒される
疲れが抜け、おやすみ~
夜中にセブンに出かけ、本を読んで寝た。
朝は8時半に起こされ、出発した。
今日はカンチャナブリへ行くのです
鳥インフルエンザで死者が出たとこだったから、鳥は食べられない

昨晩泊まった所は、key deposit制だった。
保証金として500バーツ払い、チェックアウトの時に払い戻される。
カウンターの人がお笑いの中川家弟に似てて面白かった

朝ご飯はホテル下のレストランで食べた。
American breakfastでオレンジとパインジュースを頼んだ。
出てくるのが遅いし、かなり愛想が悪かった
何か怒ってるのってくらい。
トーストにゆで卵とオムレツを頼み、ポテトも食べた。
タイのトーストは小さくて薄い。
カナダもニュージーもそうだったけど。
大きくて分厚いのはもしかして日本だけなのかなぁ
久々に朝から洋食を食べ、何だか新鮮だった

トゥクトゥクでバスターミナルに行こうとすると、タクシーを勧められる。
素直に乗ってみると、確かに遠い
かなり広い道に出て、トゥクトゥクでは行きづらそうな道だった。
着くと同時に、車掌さんに声をかけられバスに乗り込んだ。
結構階段が高く、大変
2等高速バスで、3時間かかるらしい。
1等は2時間だったけど、帰りもお目にかかることができなかった。
車掌さんが集金に来た。
鉄筒にチケットが入ってて、買ったらお金を入れ、少し破いてくれる。
ずっと眠ってたので、すぐに着いた気がした

駅を降りるとサムローに乗った。
サムローっていうのは、人力自転車
2人掛けだけど、おじさんの足の筋肉がすごい
ほんとに半端なく、ふくらはぎとかボールみたいに盛り上がってるの。
ずっと立ちこぎしてる、真っ黒に焼けた脚に釘付けになってしまったw
目星をつけてたゲストハウスに直行
水上バンガローはもう満室だった。
水辺の部屋は小ぢんまりとして可愛らしい
水族館のような、お魚の絵の水色の壁紙が印象的だった。
カウンターの人がかなり日本語うまかった。

チャリを借りて、第2次世界大戦博物館に行った。
本当はJEATH戦争博物館に行きたかったけど、遠すぎたので。
広島の原爆ドームみたいな感じかと思ってたら、全然違った。
どうも展示物も少ないし、タイシルクとかも売ってるし。
何だかよく分からなかったけど、あまり長居したい所ではなかった。

チャリを置き、お昼に屋台で炒飯を食べた。
横で外人も頼んでたけど、めっちゃ辛かった
最後は味が分からなくなって、舌がじんじんしてたもん
ひき肉にピーマンとか香草を入れて、ご飯の上にかけてある。
汁の染みたご飯だけでも食べようとしたが、火傷したみたいだった。
とうもろこしを買った後はクウェー川鉄橋へ。
これは映画戦場にかける橋の舞台となった橋である。
食べながら歩いてたので、気づかなかったけど、かなり高い。
柵もネットもないので、下に茶色い川がモロ見える。
何の障害物もなく飛び込めるって感じ。
食べ終わった所で、高所恐怖症なあたしはビビりながら歩いてたw

引き返す時に、運良く列車が来た
線路に小さな避難所が併設されてあり、そこで静かに待つ。
学生が主に乗っていて、最後尾に黄衣の僧が乗っていた。

夜は川辺のfloating restaurantでお食事
ついにトムヤムクンを頼んでみた

…だめだこりゃ。

鍋いっぱいに赤いだしが茹っていて、ぷりぷりの海老が入ってる。
多分シナモンとある香草が入れてあるんだけど、これが最悪
ちょっと前から、この手の味はあたしもMも苦手になっていた。
お菓子に入れるシナモンは歓迎だけど、料理はちょっと…。
しかも隠し味程度ならいいが、そのものずばりの味なの
結局あたしはほとんど口をつけず、Mがもくもくと食べていた
それと牛肉のサラダと春巻きを頼んだ。
春巻きはさくさくで美味しかったけど、サラダも微妙。
普通の葉っぱがふんだんに入ってて、そこにもシナモンが…。
そんなんで370バーツもするんだから、がっかり
まぁ、そんなこともあるよね

ぶらぶらして、日が落ちた中をチャリで帰る。
チャリを返した後はネットでバンコク情報を調べに行った。
でも、文字化けして読めない…。
しかもやたら蚊がいたらしく、Mが考えられないほど刺されてた。
ほんの10分ほどの間に、7ヶ所ほど
あたしは全然刺されてなかったから、血液型の問題なのかねぇ

150バーツで1時間フットマッサージを受けることにした。
おばちゃんたちはテレビを観ながらで、かなりのんびりしている
何かスースーするクリームをありえんくらい塗りたくっていた。
あたしは気づかず寝てしまい、ツボ押しでびくっとなってしまった
Mはやはり苦手らしく、固まってくすくす笑っていた。
どうやら痛く感じた所が悪いらしい。
鼻はアレルギー性鼻炎だから確かにそうだけど、腎臓も悪いみたい
マッチ棒くらいの小さなプラスチックでコリコリマッサージしてくれた。
指圧もしてくれたし、かなり気持ち良かった

帰りに相変わらず洗濯物が乾かないので、Mの服を買った。
タイ風シャツだけど、なかなかお洒落。
歩いて帰り、テレビで音楽番組見て、おやすみ
今日は寝起きが悪かった。
ベッドのマットレスが硬くて痛いの
それでも9時半には出て、次のゲストハウスを探しに行った。
屋台の焼きそばはピカイチ
麺を数種類から選び、キャベツ、モヤシなどと炒めるの。
目が覚めるような美味しさでした

他の屋台では鶏のモモ肉を甘辛く焼いてあった。
これも美味
ぱくぱくとお腹の中へ。
その骨は寺院の犬にあげた。
すごい勢いで何匹かついてきて、ちょっとびっくり

新しくゲストハウスを予約し、古い方に荷物を取りに行く。
新しい方にチェックインして、一休み。
気づいたら眠ってしまってたようだ

1時頃に歩いてワット・プラケオへと出発した。
華僑がやってるっぽい店で塩ラーメンを食べた
美味しいけど、麺が少なかったw

ハーゲンダッツが売ってたので、ストロベリーをコーンで頼む。
普通に高い
150バーツもするので、日本よりも高い

ワット・プラケオは金尽くしで綺麗だった
http://thai.cside.tv/gallery/list.php?catid=watphrakeo&pid=1
でも正直、チェンマイで見たのとそれほど変わらない。
ただ、入場する前に服装チェックがある。
あまりにも肌を露出したものはNGなのだ。

天気予報で晴れだと言っていたのに、途中からみるみる雨
何とか雨を避けて歩いていたが、大きな交差点で止まってしまった。
叩きつけるような雨
しばらく待って、通りかかったトゥクトゥクを拾い、カオサンに戻る。
そうすると雨が上がった。
もぉ~、天邪鬼な天気なんだから

洗濯して、服がないため買いに行く。
Mのズボンとあたしのタンクトップ・スカート。
タンクトップは青でスカートは水色の巻きスカート。
旅先でお洒落できて予想外に嬉しい

少しゆっくりした後は、ムエタイを観に出かけた。
しかし、入場所でまたまためんどくさいおばさんが。
500バーツだと聞いたのに、外人は1500バーツだと言う。
やたら怪しい日本語で話しかけられて、鬱陶しかった
昨日の教訓を生かし、券を買ったばかりの現地の人に話しかける。
その人があたし達の分を400バーツで代わりに買ってくれるらしい。
しかも、一緒に観ようと言ってくれる
800バーツ渡して、買ってもらいに行く。

そこでさきほどのおばさん出現。

きっちり見ており、外人は1500バーツのみと言い張る。
現地の人がせっかく買ってくれたものの、払い戻すことに。
お連れの人も外人だったけど、1500バーツの券だった。
そこまで払って観たくなかったので、帰ることにした。

トゥクトゥクに乗り、カオサン通りに戻る。
途中でスーパーに入ってみた。
やっぱり庶民の生活を知るには、こういう所が一番
色々と細々したものを買い、屋台を見て回る。

また鶏モモ肉を買い、部屋に戻った。
シャワーを浴びて、お片づけしておやすみぃ~
消灯した後トイレに行った。
すると突然変な音がして、列車が止まった
タイ語で何か言っているが、よく分からない。
隣の女性が訳してくれた所によると、オーバーヒートらしい。
しばらく止まって、かなりして動き出した。
まぁ、それでも2時間くらいの遅れだと思ってた。

後で甘かったことを知る・・・。

列車が止まった後、電気はついたままで気づいたら夜が明けてた。
窓の外の風景は一緒なので、どこにいるか全く分からない。
後どれくらいかかるかなんて、なおさら分からず。

気づくと朝。
パンとケーキが出たので、そろそろ着くかと思ったけど、動き続ける。
食後にタオルを蓑虫のようにかぶって眠ってたら、取られた。
何でも1回目の時は、眠らせておいてくれたらしい。
2回目はさすがに回収しなきゃいけなかったみたいで。

結局4時間も遅れて着いた。


体はボキボキ、胃もすっきりしないのでソルマックを飲んだ。
今度はどうやら車酔いになったらしい
それでも何か食べないと良くないので、とりあえずうろうろ。
ウィンナーにベーコンを巻いたのと、蒸しとうもろこしを食べる。
喫茶店で炒飯とコーヒー、やたら甘いオレンジジュースを飲んだ。
タイのオレンジジュースには当たり外れがある。
生絞りでそのままのはほんとに美味しい
でも砂糖を入れすぎて、甘ったるくなったのもある。
胸が悪くなるくらい甘いんだよね・・・。

ほっと一息した後はトゥクトゥクに乗った。
これは人力車みたいなバイク。
吹きさらしだけど、結構気持ちよかった
とりあえず国立博物館前まで連れて行ってもらった。

降りると警備みたいなおぢさんに話しかけられる。
何だかとても気さくで、行った方がいい場所を勧めてくれる。
地球の歩き方にも乗ってる、寺院、スーツ屋に行けとのこと。
ただ、英語が訛っててすごく分かり辛かった

おぢさんが40バーツでチャーターしてくれたトゥクトゥクで移動。
寺院に行くと、これまたおぢさんに手招きされる。
えらくぱっちりした目が印象的だった。
この後どこに行くか聞かれ、スーツ屋と言うと、ひどく興奮する。
年に1度、1週間しか買えないスーツ屋で、今日が何と最終日らしい。
普段は卸しとか輸出ばかりしてるそう。
自分も昨日5着買ったと言って、領収書を見せてくる。
どうやら有名ブランドのスーツを破格の値段で手に入れられるらしい。
閉店は5時で、その時は4時半くらいだった。
早く行けと血相を変えて言ってくる。
恐ろしいほどの勢いなので、走ってトゥクトゥクへ。

連れてきてもらった先は、ちょっと入りにくいような店。
何とも場違いな感じで、気後れする。
とりあえず入ると、営業スマイルのお兄さんがべったりとはりつく。
説明するからと、椅子に座らされ、何だか圧迫感があった
確かにアルマーニ、プラダ、ディオールetcのスーツ写真がたくさん。
普通日本で買うと50万くらいするものを4万で売ってくれると言う。
少し悩んだが、予算に入れてなかったので、断る。
それまではかなりしつこかったけど、あっさり引き下がり逆に怖かった。
何だか一気に疲れ、カオサン通り近くまで連れて行ってもらった。

因みに、後で知ったことだが、これは集団詐欺である。
地球の歩き方に全く同じ手口が書いてあり、笑ってしまった
斜体太字でかいたヤツら全員
確かに考えてみると、おかしな点はあるけど、その時は全然分からなかった。

しかし、災難はそれだけでは終わらなかった・・・。

カオサン通りへの行き方を聞いているところ、おばさん2人がくる。
今から同じ所に行くので、一緒に回らないかと言うのだ。
ホテルが6時以降じゃないと、2日分取られるそう。
だから、それまでの間水上マーケットとかで時間を潰そうと。
ちょうどいいと思い、一緒にタクシーに乗り込んでしまった・・・。

初めに少しおかしいと思ったのは、清算の時。
40バーツと言われ、20バーツ払った。
それなのに助手席のおばさんが更に20バーツ要求する。
どさくさに紛れて渡したが、ヤツらはただ乗りである。

その後どたばたと走り出すヤツらについていく。
何故だか留まってた船に急いで乗り込む。
とりあえず乗ってみた。
その後どうなるのか考えもせず・・・。

風は気持ち良く、水しぶきもスリリングだった。
行き交う船に手を振ってみたり、川岸に住んでいる人々の家を見たり。
ほんの少しかと思ったけど、30分以上のクルージングだった。

しばらくおばさんたちと話してたが、またおかしなことが起こる。
この後も一緒に行動していいかと言うとヤツらが顔を曇らせたの。
その話題には答えず、何だか流されてしまい、変だなぁと思った。


降りる時、予想外のことが起こる。

船頭が言ったのだ。


1人3000バーツと。


聞き違いかと思うが、そうではない。
とにかく6000バーツ払えといって聞かない。

ヤツらといえば、別に驚いた様子もなくさっさと払っている。
あたしとMはパニック状態。
金はあるが、そんな値段だとは思ってなかった。
1人1万近くの船旅とか高すぎる

とりあえず3000払ったものの、残りは払いたくない。
今そんな金はないというと、おばさんに借りて、後で返せと言う。
Mは交渉し、警察に行こうと言っていた。
あたしは下を向いて悲しい顔をしていた。
とりあえずそうすることで何とかならないかと、本能的に。
そうするとおばさん1人があたしの顔を見てOKと言って、払った。
ご丁寧に心配した顔をし、背中を撫でながら。
すると、船はするすると動き出し、岸辺へ。
あたしとMを残し、ヤツらは船に乗ったまま去って行った。

しばらく呆然とし、騙されたことを知る。
後で地球の歩き方を見ると、船旅はかなり悪徳商法が多いとのこと。
普通は300~500バーツで乗れるらしい。
ネイティンがあまりにもいい人だったから、それに慣れちゃったのね

汚い言葉を言います。


FUCK OFF


絶対知らない人についていかないこと、先に値段を聞くことの大切さが
痛いほどよく分かりました

沈んだ気持ちでカオサンに行き、ゲストハウスを探す。
普通に6時前でも1泊の料金でよかったし
昨夜までと打って変わって、人間不信路線を驀進するかと思ったw

とりあえず気持ちを切り替えようとシャワーを浴びた。
ここで前のホテルがどれほど良かったかを実感。
お湯が出ないのです。
スイッチを押しても、温いお湯がちょろちょろと・・・。

洗濯をしていると、雨が降ってきた。
泣きっ面に蜂とはこのことかしらw
少し前からずっと稲光がしてたんだけど。

荷物を片付け、落ち着いたらお外へ。
日本に電話しようと、国際電話OKの店を探す。
1軒目は雨のせいでどうも回線が繋がりにくい様子。
次の所で繋がり、久々に家族の声を聞いたのでした

うろうろして、夜ご飯はマック。
探すのに疲れてしまって、もうここでいいかって感じで。
タイのマックのお兄さんは皆素敵。
ちょっとしたアイドルのような感じで、皆男前だった
笑顔も素敵だし。
日本と味は変わらなかった。

ホテル下でネットした後、傘を持ってマッサージに行った。
今日はあたしのみ30分。
ひどく首が痛かったの
おぢさんが結構優しめタッチでほぐしてくれた。

部屋に帰ると、近くの店の音楽がうるさい。
カオサン通りは夜に活気づくらしい。
その日は結構ぐったりおやすみ
今日は8時くらいに起き、ネイティンに手紙を書いた。
今夜バンコクへと旅立つのです
正直、チェンマイでこんな充実した日々を送れるとは思わなかった。
全部ネイティンのおかげ

ホテルのカフェで魚のお粥と豚の重湯を頼んだ。
正直重湯には絶句したw
お粥かと思って頼んだのに・・・。
重湯はお正月に食べ飽きたから
Mにお粥と交換してもらった、我が侭なあたしw
コーヒーも脱脂粉乳みたいなミルクが添えてあった。

今日もネイティンと11時に待ち合わせ。
また3ケツし、チェンマイ大学までかなり走った。
その横の公園の屋台でお昼ご飯。
チェンマイ特有のカオサイと言うものを食べた。
これは汁そばの上に揚げ麺がのってある。
シナモンの利いた汁がちょっと苦手だった
何とも辛くて、結構厳しかったかも・・・。

お腹いっぱいになると、ワット・プラタート・ドイ・ステープへ。
これは山頂にある寺院。
バイクがなかったら、まず行くのは無理だったと思う。
30分以上の山道を文句も言わず、連れて行ってくれた

寺院の入り口前に象がいた
めっちゃ可愛い
瓜をあげたら、鼻で取って食べた。
象使いの人が合図したら、きちんと鼻をあげてポーズとるし。
皮膚は硬く、毛はごわごわしてたけど、目はとってもキラキラしてた

山頂は結構寒かった。
線香とお花を買って、延々と続く階段を上る。
まさに心臓破り・・・

靴を脱ぎ、金の寺院を見上げる。
ほんとにキンキラ
写真なんて、反射して何も写らないんだからw
線香と花を供え、蝋燭に火を灯してお祈りした。

カチャカチャと音がするので見ると、おみくじである。
竹の筒に長い棒がたくさん入ってて、1本出るまで振るらしい。
ネイティンとあたしは一緒の数字だった。
それを見て、横の棚と同じ数字の紙を取る。

#21
"This number tells you about your good destiny,
your life is likely to be happy and full of supporters.
But many obstructionshindering your fortune.
However you should help yourself as much as possible.
And make sure to think of and pay respect to your
beneficial persons, it will make everything be easy."

良かった~、悪いことが書かれてなくてw
まぁ、考えてみれば当たり前のことが書いてある。
実行するのは難しいんだけどね
とりあえず、1人で解決できる力をもっとつけていこっと。
この紙はお守りにすることにします

Mは棒が2本出たw
こういう場合はどうなるのかしら。

寺院でお祈りをした後は僧に小さな箒みたいので水をかけてもらう。
その後、僧の横に座ってる人から手首に白い紐を結わえてもらった。
何か唱えながら、丁寧に結んでくれた。
7日間経ったら、切ってもいいと言われた。
男性は右、女性は左らしい。
女性は僧の黄衣に触れることすら許されない。

帰る途中、紅い腕輪を買った。
民族が作ったもので、とても綺麗
糸に蝋を塗って丈夫にしてあり、自分のサイズに合わせられる。

またバイクに乗り、ひたすら山を下った。
その後市場で果物をネイティンが買った。
そう、今日もまた友達の家に行くのです。
そのお土産として、スイカ・ドラゴンフルーツ・パパイヤをゲット
着いて、さっそく果物を剥き、ココナッツジュースを飲ませてくれた。

・・・飲めない。

もしそれが冷たくても、喉を通らなかったであろう。
何とも言えぬ甘みに、クセのある味。
中の白い果実も食べるらしいけど、どうしても無理だった
何とか我慢して半分ほど飲む。
もう半分どうしようと思ってたら、こぼしてしまった。
良かったのか悪かったのか・・・。
申し訳ないのは確かだけど。。。

韓国のコメディを観てる途中で、ネイティンが仕事に行ってしまう。
タイでも韓国ドラマは人気らしい。
そのうちにお友達夫婦とAddisonは1ヶ月健診に行っちゃうし・・・。

何この状況

ネイティンはともかく、見知らぬ外人が留守番して寛いでるなんて・・・w
日本じゃ怖くて絶対にできないよねw
でも、何よりネイティンが信用してくれたことが嬉しかった

ネイティンが戻ってきてからはMTVを観た
浜崎あゆみのHEAVENも流れてた。
友達夫婦が帰ってきたところで、出発。
夫婦は毎日Addisonの写真をブログにのせてるみたい
にきびは治りかけてた。

ネイティンは今夜2つバースデーパーティがあるらしい。
そのためのプレゼントを買いに、ショッピングモールに行った。
リンという韓国アイドルの写真と写真たて、腕輪を買っていた。
モールの前の屋台でご飯
2人分のタイ風汁めんを頼んでくれ、自分は色々と買ってきていた。
本当はトムヤムクンを作ってくれるはずだったけど、時間オーバー
ネイティンの手料理食べたかったなぁ~。

汁めんには何と豚の血豆腐が入ってた。

あたしは避けて食べてたけど、Mは知らずにぱくぱくと・・・
後で聞くと、豆腐かと思っていたらしい。
だって、灰色の豆腐って何かおかしいもん
事前に血を使った料理があると知ってたから、警戒してたんだけど。
まさか普通に入っているとは・・・
これは結構ショッキングだった。
一応2,3個は食べたものの、喉を通ってない感じだったもん。
頭痛がしていたけど、これで更に気持ち悪くなってしまった
屋台で片手位の大きさの虫やゴキブリが売ってるのも見たし
でも、ネイティンは虫とかタイ料理はあまり食べないらしい。
一番好きなのはピザだってw

ネイティンの好きな歌手のCDを売ってた。
自分たちの分を買い、ネイティンにもプレゼントした
すっごく喜んでくれて、嬉しかった~

テンションが上がったネイティンは、自分のジャケットを買ってたw
カーキの薄手のやつで、とてもよく似合ってた

ホテルに預けてあった荷物を取りに行き、駅に預けて、近くで飲んだ
ほんとは寝台に乗りたかったけど、予約でいっぱいだったの。
結局チェンマイ20:30~バンコク8:20。

12時間の列車旅です

生バンドがあって、女の人がタイミングよく注ぎにきてくれる。
空になりそうになったら、見てたのかと思うほどすぐ来るの。
あたしはSPYクラシックにしたけど、今日はダメだった。
瓶半分くらいでかなり酔ってしまった
自分でも「ヤバイかな」と思う位ぐいぐい飲んでしまった。
ちょこちょこゆっくり飲めば酔わないんだけど・・・。
駅までふらふら歩いた

列車を待ってる間も吐き気がひどい。
目が回って、頭が上げられない。。
ネイティンが手をとって、座るとこを探してくれたのは覚えてるけどw
絶対に吐くまいとしたものの、限界が来てトイレへ・・・
最後にいっぱい話したかったのに、ずっと頭抱えたままだった
Mにあたしの重いリュックも持ってもらったし・・・。
列車内まで見送りに来てくれたけど、車内の匂いでまた吐き気が
そこで、またネイティンのありえない優しさが・・・
吐いちゃった袋を「外で捨てるよ」と言ってバッグに入れてくれたの。
その時はぐったりだったけど、ほんとにすごいと思う。
普通、誰かよく分かりもしない外人の吐いた物をバッグに入れられる
最後に握手したけど、もっとちゃんとお別れしたかったなぁ。
最後をぐちゃぐちゃにしちゃって、ほんとに残念で悲しかった
夜ご飯が出たみたいだけど、とても食べる気にならずひたすら眠った。

ずっと旅行中つけてた腕輪

20051114_1806_000.jpg
今日は9時半にネイティンと待ち合わせ。

ここで人生初めてのバイクに乗りましたっ
あたし原チャしか乗ったことないんだよねぇ。
それも車校内での教習で1回のみw

初めてのバイクが、ノーヘル3ケツとかw

日本じゃありえんよね

でも、タイでは小学生かと思うような子が、普通に3ケツしてた
2ケツは当たり前、お姫様のように横座りしてる人もたくさん。
警察に見つからなければいいらしいw

初めは怖かったけど、すぐ慣れて風が心地いい~
やっぱりチャリの2人乗りより、スリリングで面白い
ごみが目に入るのはかなり痛かったけど・・・

お昼はネイティン行きつけのご飯屋さんへ。
炒飯とスイカとかパインの生絞りジュースを食べた
炒飯はタイ米がいい具合にパラパラほぐれて美味っ
ネイティンが色々写真を見せてくれたけど、女の子がかなり多かったwしかも肩組んだり、かなり親しそう
元カノの写真を見せてもらったけど、すっごい美人さんだった

そう言えば、ネイティンは自分のことを「ネイティン」と呼ぶ。
旅の間中、一度も「I」と言ったのを聞かなかった。
タイでは普通なのかなぁ

その後は地震で崩れた寺院、ワット・チェディ・ルアンへ。
ネイティンがすごく真剣にお祈りしてて、何だか厳かな気分になった。
やはり仏教の国だなぁ。

またバイクに乗り、チェンマイ博物館へ。
途中で警察がいたので、大急ぎでUターンしたw
チェンマイを創った3人の王の像があった。
チェンマイの歴史、生活を学んだ後は、またまたバイクへ。

次に向かった先は、ネイティンのお友達の家。
最近赤ちゃんを産んだらしく、その子を見せてくれるらしい。
会ってみると、Addisonという男の子だった。
ほっぺににきびが出来てて、ほんっとにラヴリ~
結構長く抱かせてもらって、ほっこりした気分

その後ネイティンとは別れて、本屋さんに行った。
お礼にプレゼントを買おうと思ったけど、なかなかいいのがない。
自分用に青いペンを買った。

重い荷物を持ったせいか、背骨に沿って寝違えたように鋭く痛い
多分ショルダーバッグを片方ばかりにかけてたからだろうけど。
そこで、マッサージすることにした。
60分が何と・・・。

200バーツ

ありえんよね。
約600円。
日本なら、更に0を一つつけるくらいが相場なのに・・・

何軒か見て、その中の一つに入った。
背骨辺りが痛い旨を伝え、着替えてうつ伏せになる。
脚が30分、上半身が30分。
脚は汗が出てしまうくらい、痛いところもあった
上半身はスースーするクリームを塗りながら、マッサージしてくれた。
Mはそれはなかったらしいので、多分サービスでしょう
隣でMがくすくす笑うので、あたしもつられて笑ってしまった。
くすぐったがりには、マッサージは拷問かもw
最後は「コップンカーッ」と言って、お姉さんとハグした。
コップンカーッっていうのはありがとうの女性語。
男性はコップンカーップっていうの。
旅行で一番使ったのがこの言葉じゃないかと思われるw

急な階段を降り、生姜茶を飲んで、一休み。
痛みはだいぶマシになり、ほっとした
その後、ナイトバザール方面へぶらぶら。
屋台で爽やかスマイルの少年が、炒飯と太短い麺を作ってくれた。

タイの炒飯はどこでも美味しい。

ほんとにまず間違いがない。
確実に美味しいです

ターペー通りを探し、とことこ歩く。
マック、ハーゲンダッツがあることに驚いた。
そうこうしてるうちに、どうもおかしい。
人酔いしたのか、寝不足のせいか、ふらふらしてきた
気分が悪くなって、歩くのがしんどくなって。。。

本当はネイティンと、12時から飲む予定だったけど、無理
しょうがないので、ホテルに帰り、キャンセルしてもらう。

そこで、またネイティンの寛大さに触れる。
「自分も疲れてたから、気にしないで」と。
しかも、従業員の部屋からフルーツ盛りを取ってきてくれる。
結局払わず頂いてしまった
パイン・バナナ・パパイヤ・スイカがたっぷりのっているやつ
シャワー浴びて、テレビを観ながら、10時には眠気限界でおやすみ
今日は睡眠不足ながら、きちんと起床した
そう、いざという時にはちゃんとやれる子なはず・・・w
朝早かったため、誰の見送りもなしにこっそりと出発

空港に着いたらひたすらうろうろしてた。
つつがなく身体検査等を終わり、いよいよ機内へ。
福岡12:00~バンコク15:50。
早くチェックインしたせいか、一番前の席に座れたの
脚が広々伸ばせて快適~
と言っても、酔い止め飲んでず~っと眠ってたけど・・・

機内食はすき焼き
もちろん一番だから、好きに選べる。
食後はチャーリーとチョコレート工場をやってた。
友達がアメリみたいなグロさがあって結構好きと言ってたけど。
あたしはあまり面白いと思えず
降りる直前に水をこぼしてしまった

着陸してタラップを降りたら、そこはタイ
乾季といえども暑いです。
両替して、国内線へ。
今度はバンコク17:15~チェンマイ18:25。
空がとっても綺麗だった

税関を抜けると、たくさんの人がプラカードを持って待っている。
ホテルの人が、客を迎えに来てるのです。
でも、何度目を凝らしてみても、どこにも名前がない・・・。
焦りながら探し回るけど、いない
事前に日本で初日のホテルを予約してたんだけど。
しょうがないから、拙い英語でphone cardを買った。
タイで初めての買い物がこれとは・・・w

phone cardを手にした所で、ホテルの人と出会った。
もう少し早ければと思ったけど、まぁいいや。
可愛らしい女の子で、驚くことに日本語が話せた。
しかもかなりうまい。
学校で日本語を学んでるらしい。

ワゴン車で送ってもらった先は、かなり綺麗なホテルだった。
ライトアップされてて、プールもあるし
荷物を置いて、ナイトバザールへ行った。
そこでこの旅でずっとお世話になるサンダルを買った。

タイの貨幣はバーツ。
1バーツが大体3円。
サンダルもめちゃめちゃ安かった。
と言っても、まだいまいち金銭感覚が掴めないけど

歩き回って思ったこと。
歩道が高い。
よいしょって上らないといけない位、結構な高さがある。
これは多分雨季で町が沈んでしまう時のためかと思った。
髪の長い女性が多い。
セミロングなんて当たり前、腰までも結構普通な感じ。
しかもさらっさらなストレートなの
あんまりパーマしてる人を見なかったように思う。
バイク・原チャが多い。
車もあるけど、バイクがかなり大きな顔をして通っている。
おかげで初めのうちは、排気ガスの匂いがかなり気になった
屋台を色々覗いたけど、結局食堂で夜ご飯を食べることに。
にら・ねぎ・もやし・キャベツが入ったあんかけ麺と鍋を食べた。

もう、美味しすぎる


ちょっとびっくりしましたよ。
鍋はまぁまぁだったけど、麺のうまさって言ったら

それと、微笑みの国と言うだけあって、皆笑顔が素敵。
いや、誰でも笑うと素敵なんだろうけど。
そういうのと違うの。
営業スマイルとかそんなんじゃなくて、心からの笑顔って言うか。
サンダルを置き忘れたら、わざわざ走って追いかけてきてくれたし。

帰りながら、屋台で白い数珠繋ぎの鶏肉団子と楕円状の魚のすり身を食べる。
団子は好きな数だけばら売りしてくれる。
1つが1Bよ
魚のすり身は揚げるんだけど、これも美味

シャワー浴びて、ホテルのカフェでお茶することに

ここで運命の出会い

チェンマイでずっとお世話になるネイティンと出会う
彼はホテルで働いてるんだけど、終業時間近くに話しかけてきた。
以前日本人の友達が書いてくれたメッセージを訳してほしいと言うの。
何とか英語で訳しているうちに、飲みに行かないかと言われる。
迷ったものの、せっかくの機会だと行くことにした

地元の人たちが飲んでるお店で待ち合わせ。
色々話したけど、ほんとに楽しい。
しかもあたしと同い年だったし
男前だし、紳士的だし、教養がある。
クールかと思えば、意外にシャイだし。
ん~、顔のイメージは名倉潤をもっと端整+精悍にした感じかな。
さり気なく椅子をひいたり、気配りも忘れない。
一番感動したのが、薔薇をプレゼントしてくれたこと
店の人が売りにきたら、さり気なく買って、あたしと同行者Mにくれた。
お金もきちんと割り勘してくれるし。
いやはや、おみそれしました。
日本に交換留学にくるらしいけど、女の子にかなりもてることでしょうw
タイの男の子はみんなこうなのかしら

びっくりしたのはビールに氷を入れ、スプライトで割ること。
味見するのは忘れたけど
タイでは結構ハイネケンを売ってたけど、タイビールを飲んでた。
あたしはSPYクラシックと言うのを頼んでもらった。
ピンクで、甘~い炭酸のお酒。
ワインっぽい感じだけど、話してる間に1本空けちゃった。
それくらい飲みやすかった

次の日仕事の前まで、市内を案内してくれるらしく、約束して別れた。
部屋に戻ったのは2時半くらい。
夜は何だかあまり眠れなかった。
移動する時、ほとんど寝てたから、当たり前かもw

firefly。

  • 2005.11
  • 01

Edit234

今日は昨日漏れてた物を買いに行った。
手回り品用のポシェット。
何と500円でかなりいい物をゲット

ブックオフで変身を買った。
カフカのじゃなくて、東野圭吾のやつ。
どうも外人作家の本は肌に合わない

チャリに乗った人を轢きそうになった
しかも「釜飯」という看板を見て、夕飯に食べたいとよそ見してたから。
「危ない」という声にびくつき、事なきを得たけど・・・。
かなり変な汗が出た

声楽だった。
Ombra mai fuを3度あげて歌うことになった。
シ♭から始まるんだけど、これをレに変えるの。
いわゆる転調です。
一番高い所はミからソになる。
カラオケとかでも転調して歌うことあると思うけど、なかなか難しい。
半音でもあがると、明るくなる代わりに、かなりキツい。
でもでも、あたしはソプラノだから、上の音域を広げたいのです
ソプラノは下の音域が広がらないんだよねぇ・・・。
男性がソプラニスタとして、ソプラノの音域を出すことはできるけど、
女性は高い男声(テノール)さえ出すことができないのです。

蛍の墓を観た。
節子役の子がめっちゃ可愛かった
清太も演技うまかったし。
松嶋菜々子が怖かった
戦争物では、昔観た「後ろの正面だあれ」が印象に残っている。
小さい時に観たから、かなりショッキングだった。
何と言っても、戦争は怖い。


明日6時に起きなきゃいけないんだけど、全然眠くない。

神経が興奮して眠れないよ


明日は酔い止めも飲むし、飛行機で爆睡かしらw

ではタイへ行ってきま~す

プロフィール

管理人:るなぁ

  • Author:管理人:るなぁ
  • マナーを守ってご利用下さい☆

天気予報☆★

各地のお天気です。


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © 管理人:るなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。